読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーロッパ1人旅

旅の記録

ヨーロッパ1人旅8日目 アントワープ

2/5

早朝の6時、ブリュッセル北駅前に到着。駅へ向かう。しかしながら、全く字が読めない。そう、ここは英語圏ではないのだ。もちろんみなさん第二言語として英語は喋ることはできると思うけれど

表示など見えるものすべてオランダ語かなんかで全く推測もクソもなく読めない。笑

だから、アントワープ駅のチケットは窓口で買った。ここは英語だった。

ブリュッセル北駅、行く前から結構ビビってたけれど、本当に怖い笑

駅の中なのになんかスラムがいみたいな感じで荒れてた。

電車の中はなかでクッソきたない。日本の電車内が綺麗すぎるからか、反動で驚いたな。

窓の外を見てもまだ真っ暗。しかし40分くらいでアントワープについた。

アントワープ駅、くっそ中世感出ててよかった。ベルギーそもそも改札がないから、駅のホームと駅自体が一緒なんだよね。

で、トイレした買ったけれど、有料かつキャッシュのみだったから両替屋を探す。しかしない。

軍隊さん発券。日本では考えられねぇから、迷彩服にライフルもっててもコスプレにしか見えねぇ。でもこの人たち本物なんだよなーと思いつつ、両替屋知らねって言われた。

アントワープ、町中にライフル片手の警察か軍隊かまあまあいたなー。

で話は戻し、ホテルですると決めて、ホテルへ向かう。ロンドンとまた違ってなんだか静かだ。

ホテル着いて、朝飯を食う。バイキングだ。んで2時間くらい休憩の後、10時くらいからアントワープ散策。

しかっし、何かがおかしい、人あんまいないし、店ほとんど空いてないし、雰囲気も大人しければ、店の開店も遅いのか!ってほのぼのしつつ、寒かったから帰ることにした。ネロとパトラッシュが生き絶えた大聖堂はまだ一般人が入られなくて、ルーベンスの家は無料だと思っていたら金かかるって言われて、まあ一旦ホテルへ戻る。ラウンジで寝転がりながら、ググりまくり。

13時なったので、散策再開。大聖堂に入りに行くぜ!しかし、キャッシュのみといわれて、まだユーロを持っていない僕はまた門前払い。その後インフォ行って両替屋の話を聞くも、レートのいいところは日曜日だからしまってるぜにいちゃん、と言われ諦めた。

くそ、と思いつつ、川沿い散策、ルーベンス絶手ェ見てえと思ってたら、あ、キャシングしよって思い浮かんで、地図でキャシングできるところを探し、20ユーロ下ろした。初キャッシング。

ワッフルとコーヒーを味わいながら、今から入る大聖堂を見る。いやーでけぇ。

食い終わって、大聖堂の中へ。

ネロがずっと見たがってたルーベンス目当て。

いや、今まで絵ですごいとか思ったことないけれど、ルーベンスはマジで圧巻。クソかっこいい。見惚れた。

だから、大聖堂の後、またもやルーベンスの家へ。ルーベンスにハマったのである。

ルーベンスの家での絵を味わってきた。

その後は、近くのファストショップ巡り、からのホテルチェックイン。

即効シャワー!昨日入ってないからね。

シャワー後は、腹減ったので飯食い行くぜってなったけどどこがうまいとかわからない。

レセプのあんちゃんに、ここいいよって教えてもらったviaviaへ。

スパゲッティとベルギービールいただきました。

ロンドンでもそうだったけど、ヨーロピアンってパブ系ほんま好きだよね、そしてみんなで集まる。

まあ、冷静に考えれば、日本に例えるとこれは居酒屋みたいなもんなのだろうな、と勝手に納得。

行きで見つけたコンビニで水とレッドブルを買い、夜の大聖堂を写メり帰宅。

20:30よりレッドブル片手に、誰もいないソファーに寝転びググリンコ。

ルート大まかにしか決めれてねぇ。


ま、ゆっくり行きたいところにふらっと。行けばええか。


よし明日は、アムステルダムだ。

アントワープ、お目当のものしっかり見れたし、街並みも、すごくよかった。